マーケティングとその仲間

マーケティングとは、商品販売からはじまり、企業拡大の手助けのひとつとして進化していくという一連の流れの中に存在しています。

以下は、マーケティングの種類の一部です。

 80d7172b10086e5df4335ec73148d106_s

マーケティング種類

  • マネジリアル・マーケティング
  • 国際マーケティング
  • ソーシャル・マーケティング
  • 戦略的マーケティング
  • グローバル・マーケティング
  • グリーン・マーケティング
  • 共生マーケティング
  • リレーションシップ・マーケティング(関係性マーケティング)
  • エリア・マーケティング
  • サービス・マーケティング
  • ニューロ・マーケティング

 

そんな[マーケティング]という言葉ですが、類義語がいくつか存在しています。

 

売れる仕組み

マーケティング概念を日本語で平易に言い換えた売れる仕組みという表現が存在します。

 

売れる

商品・サービスが「売れる」ためには、顧客のニーズを知り、ニーズを満たす商品をつくり、顧客がその商品の存在を知り、特徴を理解し、手に入る場所に商品が置かれ、入手できる適切な価格で提供されている必要があります。

これらの一連のプロセスが「売れる」という言葉に集約されているのです。

 

仕組み

また、これら顧客を意識した一連のプロセスは、企業内で意識して統合・調整しないと成し得ないため、「仕組み」と表現されています。

マーケティング意識がまだ十分に醸成していない組織のためには、しばしば「売れる仕組みづくり」と組織の変容を促す表現で使用されています。

 

セールス

マーケティングとセールスとは混同される場合がありますが、それは誤解です。

マーケティングとは冒頭記述のように経営戦略とならぶ企業活動の中核にあたる一連の行為であり、セールスとはコミュニケーションの結果で購入を検討している顧客候補に対してクロージング(買う決断を手助けする、つまり売る)をするという「マーケティングのほんの一部にあたる行為」なのです。

 

マーケティングと同列に扱われることのある言葉たちですが、細部を確認していくと異なっている部分もありますね。

しかしながら、言葉やその意味は時代に合わせて変化していくものですから、もしかすると何年後かには同一であるという認識になるかもしれません。

 

引用参考 マーケティング