マーケティング定義

前回はマーケティングの概要について述べました。

今回は、日本でのマーケティング定義について確認してみましょう。

日本でのマーケティング活動とはどのようなものなのでしょうか。

 4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_s

日本マーケティング協会の1990年の定義

 

「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」

尚、「他の組織」とは、「教育・医療・行政などの機関、団体」などを含みます。

一般的にマーケティング活動は、営利を追求する企業のための活動と捉えられていますが、組織全般が行う活動を享受者(顧客、住民など)にとって最適化する、というマーケティングの基本的な概念は、自治体やNPOなどの非営利組織にも適用できるため、「他の組織」が定義に含まれているのです。

 

「グローバルな視野」とは「国内外の社会、文化、自然環境の重視」のことです。

一般的にマーケティング活動は、組織と顧客の関係構築の活動と捉えられていますが、顧客が現在、直接に意識している欲求(顕在化しているニーズ)のみに応える活動を行っていては、長期的な利益(環境保護など)と反する恐れがあります。

そのため、顧客が意識していない欲求(潜在化しているニーズ)や、長期的に欲求に応え続けられる仕組みをつくるために、「グローバルな視野に立ち」が定義に含まれているのです。

さらにその過程が、組織の一方的な顧客への押しつけではなく、顧客への啓蒙、理解を伴う必要があるために、「相互理解を得」が定義に含まれています。

 

「市場創造」とは、市場(=顧客)の既にあるニーズを満たし(既存市場の維持・拡大)、まだないニーズを探し、満たす(新規市場の創造)活動のことです。

つまり、マーケティング活動の中心的概念といえるでしょう。

「総合的活動」とは、「組織の内外に向けて統合・調整されたリサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関係などに係わる諸活動」のことです。

 

マーケティング定義から、マーケティング活動はさまざまな事象に関係していることがわかります。

どんな細かなことであっても、それはもしかしたらマーケティング活動の一種かもしれませんね。

 

引用参考 マーケティング