マーケティング概要

商品やサービスの販売、あるいは宣伝など、いち企業として行いたいことは多々ありますよね。

そんな時に必要なのは、マーケティングの知識です。

ではマーケティングとはどのようなものなのでしょうか。

今回はマーケティングの概要を確認してみましょう。

 ed3b782ad06ac8440245a870a275f053_s

マーケティング(英: marketing)とは

企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念です。

 

[概要]

一般的な企業活動のうち、

商品・サービスそのものの企画・開発・設計やブランディングから、

市場調査・分析、価格設定、広告・宣伝・広報、販売促進、流通、マーチャンダイジング、

店舗・施設の設計・設置、営業、集客、接客、顧客の情報管理

等に至る広い範囲においてマーケティングミックスの4Pや4Cの活動が行われています。

企業活動のうち、対顧客視点での活動が行われない製造ライン、研究、経理、人事などの部門は、一見マーケティング活動とはやや距離がありますが、顧客価値を生むという視点では組織が有機的に機能する必要があると考えられています。

 

また、マーケティングの定義や理論は、時代と共に様々に変遷してきており、硬直化することがなく進化しているといえるでしょう。

元々は米国で産まれた概念で、モノ(製品・商品)を中心にした「マス・マーケティング」(マーケティング1.0)から始まりました。

現在はグローバル化とIT化が加速し、「価値主導のマーケティング」(マーケティング3.0)の領域に高度化しています。

単なる収益向上のための手段ではなく、企業や組織が世界を良くするための事業・活動を展開するための戦略に昇華しているのです。

 

マーケティング活動とは

狭義には商品またはサービスを購入するポテンシャルのある顧客候補に対して、

情報提供(情報収集)などマーケティング・コミュニケーション活動で相互学習状態を形成して購買に至らしめ、

さらなるコミュニケーションによって固定顧客化して顧客価値を高め、再購入や顧客連鎖を促進する、などの企業活動の拡大再生産(あるいは維持)を図るための一連の行為であり、

心理学、数学、社会学、経済学等様々な知識の上から成り立つ高度な理念、スキルなのです。

 

このように、マーケティングとは商品販売からはじまり、企業拡大の手助けのひとつとして進化していくという一連の流れの中に存在しています。

マーケティング活動を上手に使いこなしましょう。

 

引用参考 マーケティング