ラジオCMの有効性

ラジオCMは、近年注目を浴びています。

以前のマスメディアとしての広告媒体は、ラジオからテレビへ移行していました。

しかし、近年はインターネット及びスマートフォンなどの普及により、広告はウェブへと移行しています。

では何故、ラジオが重視されているのでしょうか。

ラジオが優れている特徴とともに、その謎を紐解いていきましょう。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

ラジオが優れている特徴

 

  • 高い習慣性

ラジオは、「毎日決まった時間に聴く」習慣性の高いメディアです。1週間に1度以上ラジオを聴く人は75.4%もいるのです。

つまり、ターゲットを絞って狙いやすいのです。

商品の宣伝を繰り返すことにより、ターゲットの脳へ商品をインプットします。

例えば、朝はクルマ通勤の方・昼は主婦や営業マン、ドライバーの方・夜は若年層の方など、時間帯を変化させるだけでターゲットは多岐にわたります。

クルマ通勤車の約80%はラジオを視聴しています。

運転中に聴く方は非常に多く、通勤、外回りなど、車社会には欠かせない媒体となっています。

また、パソコンやスマートフォンでもラジオが聴ける「radiko」の登場により、聴取者数も増加傾向にあります。

 

  • リスナーとの深い親密性

ラジオは1対1のメディア、リスナーと身近な関係性を築けます。

SNSなどの普及によって、気軽にラジオ番組の内容に投稿できるようになりました。

また、そのラジオのパーソナリティの方が投稿された内容で話を盛り上げることは多々あります。

レスポンスが早いラジオは、他のメディアより身近に感じるのです。

 

  • 優れた費用対効果性

宣伝費用はある程度はかかるものですが、効果の見込みがないものにたくさんの費用がかかるのは勿体無いですよね。

ラジオCMは、他のマス広告と比較して格段に安く、広域にわたって狙ったターゲット層への周知が可能です。

 

  • 生活に密着した媒体「ラジオ」の活用

ラジオは、宣伝媒体として「ながら」が出来る唯一の媒体です。

勉強、運転、家事、仕事など、何かをしながらでも接することができるのです。

スマートフォンが普及した現在、言葉を音で伝えるラジオとインターネットとの親和性はますます高まっています。

 

現代において、ラジオCMは非常に優れた宣伝媒体です。

ラジオCMを使うことで、あなたの会社の売り上げは大幅にアップするでしょう。

商品やサービスを宣伝するけれども売り上げがあがらない、そんなお悩みがあるのなら、ぜひ一度ラジオCMで宣伝してみましょう!