2020.07.28

スマートファッション

皆さま、こんにちは。愛幸毎日ブログ57日目です。

本日は外出自粛が続く今人気が高まっている、「スマートファッション」に
注目したいと思います。

オンラインショッピングの需要が高まり外出せずにでも様々なサービスが
受けられる世の中になっています。しかし服は実際に着てみないとわからない
というリスクが高くファッション業界は打撃を受けています。
そんな中注目しておきたいのがAI技術を用いたスマートファッションです。

〈Bodygram〉

スマートフォンのカメラを使い人工知能(AI)が全身を採寸するアプリです。

体重や身長、年齢などの情報を入力し、正面と真横の全身写真2枚を撮影すると、AIが肩幅や首回り、股下など全身24カ所の推定サイズを導き出す仕組み。アプリを利用する際にIDが発行され、今後Bodygramの技術を導入している企業のサービスを利用する際は、IDを入力するだけでそのままデータを使えるようになるという。このアプリを開発した株式会社ボディグラムジャパンは全身写真を撮影するだけで採寸できる「MySize CAMERA(マイサイズカメラ)」をiPhone向けの「ユニクロアプリ」に画期的な機能を搭載するなど実績を積み上げています。

〈SmartFashion〉

SmartFashionは店舗の試着室まで行くことなく、実際に服を着ている自分の姿を見ることができます。自分の身体測定値を入力し自分の写真をアップロードするだけで、アプリケーションは、測定に基づいて「仮想モデル」を作成します。ショッピングをするときは、お気に入りのシャツやパンツをこの仮想モデルにドラッグするだけです。その服を着たときどのように見えるかを教えてくれます。また自分が持っているアイテムをアップロードすることで自分にもっとも合うスタイルを提案してくれるサービスもあるといいます。


〈未来〉

これらを活用すれば店舗に行かなくていいので感染リスクを抑えられ楽しく試着できますね。アプリだけでなく店舗で客が手に取った商品とそれに合ったコーディネートをおすすめしてくれるスマートミラーもまた注目を集める最新技術です。人工知能の活用がファッション業界にも徐々に浸透しつつあり、現在店舗を持たないECサイトのみのブランドも多くあります。今後の動向に要チェックです。

お電話でのお問い合わせ

03-5422-9771

平日 AM 9:30 〜 PM 6:00

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ