2020.06.02

“小規模事業者持続化補助金”に【コロナ特別対応型】が追加 ホームページ制作にも使えます!

4月にご案内させていただきました、「小規模事業者持続化補助金」、

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、国が申請の要件を緩和した特別版の補助金【コロナ特別対応型】をはじめました。

小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、持続的な経営に向けた経営計画に基づく地道な販路開拓等の取組で、且つ、新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える特徴的な影響を乗り越えるための前向きな投資を行う取組に要する経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。


【補助金の対象となる条件】

(1) 補助対象経費の1/6以上が、以下のいずれかの要件に合致する投資であること。

A: 顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと(サプライチェーンの毀損への対応)
B: 非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと(非対面型ビジネスモデルへの転換)
C:従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること(テレワーク環境の整備) ※補助対象期間内に少なくとも1回以上、テレワークを実施する必要があります。

(2) 策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等(生産性向上)のための取り組みであること。

(3)商工会(または商工会議所)の支援を受けながら取り組む事業であること。

(4)以下に該当する事業を行うものではないこと。
・国の助成金・補助金と重複する事業
・概ね1年以内に売上げにつながることが見込まれない事業
・公の秩序もしくは善良の風俗を害することとなるおそれがあるもの

小規模事業者持続化補助金

【コロナ特別対応型】の補助対象経費

事業に必要な13の経費が補助対象となります。

今回はその中の一部をご紹介します。

  • 広報費
    パンフレット・ポスター・チラシ等を作成するため、および広報媒体等を活用するために支払われる経費
  • 展示会等出展費
    新商品等を展示会等に出展または商談会に参加するために要する経費
  • 開発費
    新商品の試作品や包装パッケージの試作開発にともなう原材料、設計、デザイン、製造、改良、加工するために支払われる経費
  • 資料購入費
    事業遂行に必要不可欠な図書等を購入するために支払われる経費 ※単価が10万円(税込)未満のものに限る 

その他に対象経費になるもの、補助対象事業はこちらの公募要領をご覧ください。

第2回締切期限:2020年6月5日(金曜)必着

第3回締切期限:2020年8月7日(金曜)必着

申請・応募を検討される方は、本商工会議所または国商工会連合会の方でご確認ください。

中小企業・個人事業主のみなさま、ホームページ制作のチャンスです!

補助金を活用してホームページ制作しませんか?

株式会社 愛幸では、サイト制作だけでなく今ある素材を活かした動画制作サービスなど、企画・構築・運用・解析から改善までワンストップで対応致します。

詳しいお問い合わせはこちらから》》

お電話でのお問い合わせ

03-5422-9771

平日 AM 9:30 〜 PM 6:00

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ