2020.09.07

注目マーケティング「食と健康のトレンド」

皆さま、こんにちは。愛幸毎日ブログ81日目です。

本日のテーマは「食と健康のトレンド」です。近年、健康を意識した食べ物や生活スタイルに注目が集まり、需要が高まっています。地球規模で気候変動が起きっている今、健康的で環境に優しい食事や商品を好む人が増えてきました。そこで最新のトレンドを3回に分けて紹介します。

▶ベジタリアン

一般的にベジタリアンは肉や魚を食べない人のことを言います。

ベジタリアンは多くのカテゴリーに分けられます。例えば以下のようなものがあります。


ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)
ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)
ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる)

ベジタリアンになる背景には、アレルギーや病気など健康のため、自身の考え方、環境のため、宗教、スピリチュアルな理由などが挙げられます。

▶ヴィーガン

卵や乳製品、はちみつ、魚介や肉の骨からとったスープなども含む、動物性食品を一切口にしない完全菜食主義者のことをいいます。食だけに限定するのではなく、身の回りのものからできるだけ動物由来のものを避けることで動物の命を尊重する「エシカル・ビーガン」の人たちもいます。

▶最新の「食」のトレンド

・大豆ミート
栄養豊富な大豆を原料とした大豆加工食品。昔から「畑のお肉」と言われていますが、食感や食べ応えだけでなく、見た目も「お肉」そっくりなことから植物性のお肉として注目されています。食物繊維が豊富で高タンパクだけど低カロリーでグルテンフリーなので、ダイエットしている人やアスリートにも人気です。

・小麦粉代替食品

古代穀物、果物や野菜、ナッツなどから作る、小麦粉よりタンパク質や繊維質などの栄養価の高い粉類が注目されてます。小麦を継続して摂取することで、健康な人でも胃の調子が悪いなど健康に害を及ぼすことがあります。グルテンフリーにすることで、それらの悩みが解決すると言われているので、近年広まりつつあります。

・ノンアルコール飲料

健康志向の高まりとともに、アルコールを飲まない若者が増えています。世界中からあつめた天然素材を数十種類のボタニカルを店内蒸留したノンアルコールジンを使った、日本初のノンアルコールスピリッツシリーズ「のん」もその1つです。




日本でも少しずつですが広がりつつある、ヴィーガン・ベジタリアンなどの健康志向。完全な菜食主義にならなくとも、安全で身体に良いという心理と地球のために役立つという考え方が流行のポイントになっています。次回は「身近にあるヴィーガン商品」を紹介いたします。

お電話でのお問い合わせ

03-5422-9771

平日 AM 9:30 〜 PM 6:00

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ