2020.06.12

VRとともにつくる新しい生活特集vol.3

皆さま、こんにちは。


さて今回も引き続き、「VRとともにつくる新しい生活特集vol.3」をお届けします。

KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷観光協会を中心とした中心とする参画企業50社で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、新型コロナウイルス感染症の影響により、経済や文化などさまざまな活動が制限されるなか、先端テクノロジーを活用してエンターテイメントの活動を止めることなく、自宅からさまざまなイベントの開催、参加が可能となる渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を2020年5月19日からオープンしました。オープニングイベントはなんと5万人もの人が参加したそうです。「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、「渋谷」における経済や文化の流れを止めずに、エンターテイメントで新しい体験価値を創出することで、文化創造都市である「渋谷」をサポートしていきます。

ユーザーは自宅からスマートフォンやPC、VRデバイスを使ってイベント会場となる「バーチャル渋谷」に参加できます。アバターを使って会場内を自由に動き回りながら、たくさんの観客と同じ空間を共有し、インタラクティブなオンラインイベントを楽しめます。

またリアルな渋谷とつながったもうひとつの渋谷を回遊しながら、さまざまなXRコンテンツを体験することができ、デジタルとリアルが融合する世界が実現します。


実際に「バーチャル渋谷」を体験した人のレビューが掲載されています。

フジテレビュー!!


「バーチャル渋谷」のような音楽ライブやスポーツ観戦イベントも今後展開されていくでしょう。仮想空間に入るだけでなく、自分のアバターをVR上に登場させることで実際に自分の身体がその場にいるかのような体感を得ることができ同じようにイベントの熱量も感じることができるようになればさらに楽しいと思います。



今までアニメの世界の話だった、アバターを使ってPC上にある実際の街を行き交いイベントに参加することは、これから様々な業界が参入してくると見られ、新しいマーケティングスタイルが確立されていくでしょう。



3回に渡り紹介してきた「バーチャルのいま」、どうだったでしょうか。

バーチャルの今後の成長には目が離せません。



次回は【非エンジニアでもできる!PWAを用いてモバイルサイト改善】を特集したいと思います。

お電話でのお問い合わせ

03-5422-9771

平日 AM 9:30 〜 PM 6:00

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ